top of page
  • 執筆者の写真PAC FABRIC DYE

簡単に出来るゆるいムラ染め


今回は限定色のASH BLUEを使ってパーカーをムラ染めにする方法をご紹介します。

染まっている部分と染まっていない部分の差が激しい、メリハリのあるムラ染めではなく、

ぼんやりしたゆるいムラ染めです。

混ぜる必要がないのでとても簡単にできます。ぜひ参考にしてみてください。


用意するもの

・PAC FABRIC DYE×1パック(染料・固着剤・色止め剤入り)

・単品色止め剤15ml×1本

・塩 300g

・容器(バケツなど)

・ボウル

・計量カップ

・泡立て器

・ゴム手袋

・不織布の袋

・衣類用洗剤

今回は不織布の袋を使って染色します。

この不織布の袋は洋服を買った時に入れてもらった袋で、薄くて水が浸透するものです。

ラッピングに使用するような厚手の袋は不向きなので、薄手のものをご用意ください。

ない場合は洗濯ネットでも代用できます。


染めるものと準備

染めるのは綿100%の白いパーカー(裏毛)です。

重さは約500gだったので、通常であれば染色キットが2個必要ですが、今回はムラ染めで6Lの染色液があれば十分にパーカーが浸かりそうだったので、1パックで染色します。

(全体をムラなく染めたい場合は2パック必要です。)

色止め剤は繊維500g分が必要になるので、単品色止め剤15mlを追加で1本用意します。

パーカーは新品のものでも必ず洗濯し、濡れた状態(洗濯機の脱水が終わった状態)にしておきます。

柔軟剤や漂白剤は使わずに洗濯してください。



染色手順

1、濡れた状態のパーカーをきれいな場所に広げ、細かくシワを寄せていきます。


不織布の袋に入れます。


袋の口を輪ゴムで縛ります。


2、染料を溶かします。

ボウルに染料1袋を入れ、40〜50℃のお湯500mlで溶かします。

染料は粉末なので、飛散に気をつけてください。

泡立て器などで完全に溶かします。

必ずゴム手袋を装着して作業してください。





3、バケツなどの容器に固着剤1袋と塩300gを入れ、40〜50℃のお湯6Lで溶かします。


4、3の容器に2を入れて、よく混ぜ合わせます。



5、不織布に入れたパーカーを1時間浸けます。加熱は不要です。


混ぜる必要はありません。

15分に1回、上下をひっくり返すだけで大丈夫です。


6、染色液を排水し、袋からパーカーを取り出します。


中性洗剤を入れて、お水が透き通るまで、数回水を入れ替えてすすぎます。

完全に透明になるまですすがなくて大丈夫です。


7、色止めします。

容器に40〜50℃のお湯12Lを入れ、色止め剤15ml×2本を溶かします。

パーカーが十分に浸かるようであればお湯の量は12Lより少なくても構いません。


すすいだパーカーを15分間浸けます。ときどき混ぜてください。


8、色止め液を排水し、お水が透明になるまですすぎます。(洗剤は不要です。)


9、脱水、陰干ししたら完成です。

ゆるい感じのムラ染めができました。



パーカーのヒモは付けたまま染めましたが、うっすらと色が入りました。

縫製糸はポリエステル製なので染まっていません。


限定色のASH BLUEは鮮やかすぎない、落ち着いたブルーなのでお洋服の染色にとてもおすすめです。

在庫限りで販売終了になりますのでお早めに!


使用した染料



Comentarios


bottom of page