• PAC FABRIC DYE

レインボーカラーのタイダイ


早くも梅雨明けした地域がありますね。

暑い日が続くと、やはりタイダイが人気です!

ビーチやフェスで目立つこと間違いなしのレインボーカラーのタイダイをご紹介します。

今回はタイダイスターターキットを使って染めました。

タイダイスターターキットはタイダイ染めに必要な道具がセットになっていて、すぐに始められます。

そしてPAC FABRIC DYEの15色の中から好きな「3色」を選ぶことができます。

今回は「HOT PINK」「TURQUOISE BLUE」「YOLK YELLOW」を選びました。

この3色のキットはアマゾンでも購入できますよ。

>アマゾンのページへ

染色するのはオンラインショップでも販売中の綿100%のナップサックです。

用意するもの

・タイダイスターターキット

・容器(バケツなど)

・ワイヤーネット

・衣類用洗剤

*タイダイキットには、染料3色、固着剤、お塩、色止め剤、ボトル、使い捨てゴム手袋、ビニール袋、輪ゴムが入っています。

染色の前に

ナップサックのヒモを外し、洗剤を入れて湯洗いします。

生地の表面にノリが付いていると染まりづらいので、しっかりと洗ってください。

洗った後は脱水して、濡れたままにしておきます。

染色手順

1、濡れた状態のナップサックを綺麗な場所に広げ、細かいジャバラになるようにシワをよせていきます。

輪ゴムで5箇所留めます。

2、固着液に浸けます。

容器に固着剤とお塩を入れ40〜50℃くらいのお湯で溶かします。

縛ったナップサックとヒモを15分間浸けます。

今回は固着剤16g、お塩100g、お湯1L使用しました。

3、固着剤に浸けている時間を利用して染料を溶かします。

袋に入っている粉末の染料を必要な分だけボトルに入れ、40〜50℃のお湯を注ぎ、ボトルを振って染料を溶かします。

今回は各色とも染料0.6gを60mlのお湯の溶かしました。(染料1gに対してお湯100mlが目安です)

液漏れを防ぐために、必ず中栓をしてボトルを振ってください。

60mlの染料液でナップサック2枚分が染まる量です。(目安)

4、容器の上にワイヤーネットを置き、固着液に浸けていたナップサックとヒモをぎゅっと絞ってから乗せます。

5、3色の染料を下の画像を参考にして塗っていきます。

輪ゴムの位置を境にして1色につき3ブロック塗ります。

イエローはまず左2ブロック塗ります。生地をめくりながら裏面や中の方も塗っていきます。

ピンクは左から2番目から3ブロック塗ります。

イエローと混ざったところは赤っぽくなります。

染料液を塗ったところはラップを巻いておくと、他の色がつくことを防ぐことができます。

つづいてブルーは右から3ブロック塗ります。

ピンクと混ざったところはパープルになります。

手で揉み込むようにすると中の方にも染料液が入りやすいです。

最後は右端にイエローを塗ります。混ざるとグリーンになります。

ヒモも好きなように色をつけます。

余分な染料は下に落ちます。

6、ラップで包む、またはビニール袋に入れて24時間置いておきます。

置く時間が短いと色が淡くなります。

7、お水ですすぎます。

最初は流水ですすぎ、色があまり出なくなったら、輪ゴムを外して中性洗剤を入れて全体をすすぎます。

8、色止めします。

容器に40〜50℃のお湯を約1.5L入れ、色止め剤 約7ml溶かします。

ときどき混ぜながら15分間浸けます。その後、お水が透明になるまですすぎ、脱水して乾かします。

9、アイロンをかけてヒモを通したら完成です!

3色しか使いませんでしたが、6色のレインボーになりました。

夏らしい元気が出る鮮やかなカラーですね。

ちなみにピンク・ブルー・イエローの3色が混ざると茶色っぽい色になります。

友達や家族みんなタイダイに挑戦してみてくださいね!

みんなで染めるととても楽しいですよ!

使用した商品

PAC FABRIC DYE タイダイ スターター キット

画像をクリックすると購入ページへ移動します。

ナップサック

#タイダイキット #タイダイ #ナップサック #エコバッグ

© 2020. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram