© 2020. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram
  • PAC FABRIC DYE

タイダイテクニック Part.1


生地の縛り方や染料の塗り方次第で様々な模様が作れるタイダイ染め。

縛り方のテクニックがもっと知りたい!というリクエストにお応えして、

タイダイ染めのテクニックを2回に分けてご紹介します。

今回はPart.1 プリントが入ったTシャツを「V」の模様に染める方法。

プリントを生かして染めていきたいと思います。

染色前のTシャツ。素材は綿100%です。

Tシャツは薄手の方が縛りやすく、染まりやすいのでオススメです。

用意するもの

・タイダイスターターキット

・容器(バケツなど)×2個

・ワイヤーネット(あると便利)

・衣類用洗剤

*タイダイキットには、染料、固着剤、お塩、色止め剤、ボトル、使い捨てゴム手袋、ビニール袋、輪ゴムが入っています。

*タイダイキットは公式オンラインショッップでご注文の場合、15色の中から好きな3色が選べます。

 今回は「TURQUOISE BLUE」「HOT PINK」「CALM BLUE」を選びました。

染色手順

⑴Tシャツを洗います。

新品のものでも必ず洗ってください。

洗ったあとは脱水して濡れた状態のままにしておきます。

⑵濡れた状態のTシャツをキレイな場所に広げ、Tシャツを縦に半分に折ります。

画像の矢印の方向に向かって細かくシワを寄せていきます。

輪ゴムで固定します。

⑶固着液に浸けます。

容器に固着剤とお塩を入れ40〜50℃くらいのお湯で溶かします。

縛ったのTシャツを15分間浸けます。

今回は固着剤16g、お塩100gをお湯1Lで溶かしました。

※固着液に触れる際は必ずゴム手袋を装着してください。

⑷固着剤に浸けている時間を利用して染料を溶かします。

袋に入っている粉末の染料を必要な分だけボトルに入れ、40〜50℃のお湯を注ぎ、ボトルを振って染料を溶かします。

今回はターコイズブルーの染料1gを100mlのお湯の溶かし、ホットピンクとカームブルーは0.2gを20mlで溶かしました。

液漏れを防ぐために、必ず中栓をしてボトルを振ってください。

⑸バケツなどの容器の上にワイヤーネットを置きます。

固着液に浸けていたTシャツを絞ってから取り出し、ワイヤーネットの上に乗せます。

⑹溶かした染料液をボトルから垂らして塗っていきます。

白く残す部分に染料液が飛び跳ねないようにご注意ください。

裏面も同じように塗ってください。

余分な染料液は下に落ちます。

⑺ビニール袋に入れて(またはラップで包んで)24時間置いておきます。

置く時間が短いと、淡い仕上がりになります。

⑻お水ですすぎます。

最初は流水ですすぎ、色があまり出なくなったら、輪ゴムを外し、中性洗剤を入れて全体をすすぎます。

⑼色止めします。

容器に40〜50℃のお湯を約3L入れ、色止め剤 約7ml溶かします。

Tシャツを浸け、ときどき混ぜながら15分間浸けます。

その後、お水が透明になるまですすぎ、乾かします。

⑽完成です!

鮮やかな染め上がりで、夏らしい感じになりました。

プリントとの相性もバッチリです!

タイダイキットをゲットして、挑戦してみてくださいね!

次回はタイダイテクニックPart.2をお届けします。

使用した商品

PAC FABRIC DYE タイダイ スターター キット

画像をクリックすると購入ページへ移動します。

#タイダイキット #タイダイ