• PAC FABRIC DYE

機能性インナーを染めてみました



寒い季節に備えて暖かい機能性インナーを準備する頃ですね。

機能性インナーは色展開が少なく、落ち着いた色が多いので、

好きな色に染色できればいいなと思い、染めてみることにしました。


機能性インナーは素材が複雑なので、染める際は注意が必要です。

必ず品質表示を確認してから染めるようにしましょう。


 

PAC FABRIC DYEの染料は染まる繊維と染まらない繊維があります。


×染まらない繊維

ポリエステル、アクリル、ナイロン、ポリウレタンなどの化学繊維


○染まる繊維

綿、麻、レーヨン


△淡く染まる

ウール、シルク


※染まる繊維と染まらない繊維の混紡の場合は、染まる繊維の部分だけに色が入ります。

※肌に触れる側(生地の裏面)が綿でその他が化学繊維の場合は裏面がよく染まり、表面が染まらない可能性があります。


 

今回は2種類の機能性インナーを購入しました。

こちらは裏面が少し起毛している素材です。


品質表示を見ると、ほとんど染まらない繊維です。

レーヨン17%の部分だけに色が入るので、かなり淡い染め上がりになると予想。



もうひとつはリブ素材です。


こちらも染まらない繊維が半分以上ですが、レーヨンの割合が先ほどのものより多めなので少し期待できそうです。


 

元の色は真っ白ではなく、オフホワイトです。

起毛の方はcol.15 モンスターグリーン、リブの方はcol.33 ウォームオレンジで染色します。

col.33 ウォームオレンジは2022年の限定色です。(2023年2月ごろまでの販売予定)


どちらも重さが約160gでした。

PAC FABRIC DYE 染色キット1パックで250gまでの繊維が染まります。

今回は出来る限り濃く染めたいので、1パック全部を使って染めようと思います。

お湯の量は3Lあれば十分浸かりそうだったので、3Lにしました。

濃いめの染色液で染めます。


染料1袋、固着剤1袋、お塩300gを3Lのお湯(約50℃)で溶かし、インナーを1時間浸けます。

伸縮性があるので、伸ばさないように気をつけながら混ぜました。


すすぎのあとは色止めです。

3Lのお湯(約50℃)に色止め剤1本を溶かします。15分間浸けます。


 

染め上がりはどうなったでしょうか。


裏起毛素材。

やや淡い染め上がりではあるものの、予想よりは色が入りました。


パステルグリーンのような感じです。


裏面の起毛している部分は染まりませんでした。

おそらくこの部分がポリエステルだと思われます。

縫い糸もポリエステルなので染まっていません。


綿100%との比較です。鮮やかさは出ず、ちょっと優しい印象になりました。


つづいてリブ素材です。

こちらはとても良い染め上がりになりました!


もとからこの色だったかのような自然な染め上がりです。


表面に縫い目がないのが嬉しいです。


裏面はあまり染まっていません。

レーヨンは表面に使われていたようです。


綿100%と比較すると、やや色味が茶色ぽく出てしまいました。

でもこれはこれで良い色なので大満足です。


 

染まらない繊維が半分以上の混紡素材ですが、予想以上に染まったので正直おどろきました。

ぜひお好きな色で染めてみてください。


染まる素材か心配な場合は、お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。→PAC FABRIC DYE お問い合わせフォーム



使用した染料

PAC FABRIC DYE col.15 MONSTER GREEN(モンスターグリーン)

PAC FABRIC DYE col.33 WARM ORANGE(ウォームオレンジ)