© 2020. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram
  • PAC FABRIC DYE

ピンク×グレーのムラ染め


今回は着なくなった白いトレーナーがあったので、

HOT PINKCITY GRAY 2色使ってムラ染めをしてみました。

淡い色味にしたかったので染料の分量を少なくして染めています。

↓染色前のトレーナーです。

素材は綿60%、ポリエステル40%。

ポリエステルは染まらない素材なので、規定量の染料の分量で染色しても淡くなります。

用意するもの

・PAC FABRIC DYE×2パック(各色少量ずつ使用)

・塩

・容器(バケツなど)

・ボウル

・泡立て器

・ゴム手袋

・太い輪ゴム

・衣類用洗

染料の量の目安

トレーナーを乾いた状態で重さを量ると300gでした。

今回は丸めてムラ染めにするのと、淡く染めたいので、染料は規定の量より少なくして使いました。

染料1g、固着剤10g、塩60gを約3Lのお湯で溶かして使いました。

2色で染めるので、上記の分量が2回分必要になります。

色止めは1回だけで大丈夫です。約15ml使用しました。

染色の前に

トレーナーは予め洗濯し、濡れた状態にしておきます。

柔軟剤や漂白剤は使わずに洗濯してください。

染色手順

HOT PINKで染色→CITY GRAYで染色→色止めの順で染めます。

1、濡れた状態のトレーナーをキレイな場所に広げ、細かくシワを寄せていきます。

輪ゴムで数カ所固定します。(太い輪ゴムを使うのがオススメです)

2、染料を溶かします。

ボウルに計量した染料を入れ、40〜50℃のお湯500mlで溶かします。

3、容器に固着剤と塩を入れ、40〜50℃のお湯2.5Lで溶かします。

4、2で溶かした染料を混ぜます。

5、縛ったトレーナーを浸けます。

1時間浸け置きします。

ムラ染めなので、念入りに混ぜる必要はありません。

15分に1回くらい、裏返す程度で大丈夫です。

6、すすぎます。

中性洗剤を入れて、あまり色が出なくなるまですすぎ、脱水します。

7、1色目HOT PINKでムラ染めができました。

8、乾かさず、濡れた状態のまま2色目を染めます。

先ほどと同じようにシワをよせて、輪ゴムで固定します。

なるべく、まだ濃く染まっていない部分が外側になるように丸めてください。

9、同じようにCITY GRAYで染めます。

10、輪ゴムを外してすすぎます。

11、色止めします。

容器に40〜50℃のお湯約6Lを入れ、色止め剤 約15mlを溶かします。

すすいだトレーナーを濡れた状態のまま浸けます。ときどき混ぜながら15分間浸けてください。

12、お水が透明になるまですすぎ、脱水、陰干ししたら完成です。

裏面です。

染料の分量を少なくして染めたので、淡い色になっています。

派手すぎなくて良い感じです。

裏側ももちろん染まっています。縫製糸はポリエステル製のため染まりませんでした。

染色するだけでお洋服のイメージがガラッと変わりますね。

ムラ染めはかき混ぜる手間がなく、とても簡単なので染色が初めての方にもオススメです。

参考にしてみてください。

使用した染料

PAC FABRIC DYE col.07 HOT PINK(ホットピンク)

PAC FABRIC DYE col.10 CITY GRAY(シティグレー)

画像をクリックすると購入ページへ移動します。



























#淡いトーン #絞り染め #タイダイ #ムラ染め