• PAC FABRIC DYE

新色GRASS GREENでシューズの染色



先日発売になった新色GRASS GREENを使った染色をご紹介します。


春らしいアイテムを染めたいと思っていたところ、布製のフラットなシューズをを見つけたので染めてみました。

このシューズはエスパドリーユというそうですね。

布地が綿素材なのでよく染まりそうな雰囲気です。


染色前のシューズです。


ソール部分は藁になっています。この部分がどうなるかも注目です。



用意するもの

・PAC FABRIC DYE×1パック

・お塩×300g

・容器(シューズ全体が浸かる大きさのもの)

・ボウル

・ゴム手袋

・泡立て器


シューズが十分に浸かる大きさの容器をご用意ください。



染色手順

1、シューズを中性洗剤で洗って濡れた状態のままにしておきます。

※新品のものでも必ず洗ってください。

※漂白剤は使用しないでください。

※中敷きが外せるものは、外しておきます。


2、ボウルに染料1袋を入れ、40〜50℃のお湯500mlで溶かします。



3、容器に固着剤1袋とお塩300gを入れ、40〜50℃のお湯6Lで溶かします。



4、溶かした染料を⑶に混ぜます。


5、濡れた状態のシューズを浸けます。


6、よく混ぜながら1時間浸けます。

生地の部分を指で揉むようにすると色がなじみやすいです。


布地側が溶液に浸かるようにしましょう。

浮きやすいのでこまめに混ぜてください。


7、お水ですすぎます。洗剤を入れて、すすぐ水が透き通るまですすいでください。


8、色止めをします。(色止め剤はキットの中に入っています。)

容器に40〜50℃のお湯6Lを入れ、色止め剤(液体)を溶かします。

すすいだシューズを時々混ぜながら15分間浸けます。


9、お水が透明になるまですすぎます。

中敷を押して、色の付いた水が出ないことを確認してください。

色が出ると、履いているときに靴下に移染してしまいます。


10、タオルで水気を取り、形を整えて陰干しします。


11、完成です。

GRASS GREENの優しい色に染まりました。


中敷も同じように染まりました。


ゴムの部分は染まっていません。


藁の部分にも色が付きました。糸は染まりませんでした。


ソールはゴムなので変化なしです。


履いてみたところ、少しだけ縮みが出たような感じがします。

染める際はサイズが大きめのものを染めた方が良さそうです。


店頭では見かけないような色に仕上がってとても満足です!

大量生産のアイテムですが、染めることで一点ものに生まれ変わります。

よく染まる素材だったので、今度染める際はタイダイにも挑戦してみたいですね。

タイダイで染める場合の染め方は→コチラ


ぜひ参考にしてみてください。



使用した染料

PAC FABRIC DYE col.25 GRASS GREEN(グラススリーン)

画像をクリックすると購入ページへ移動します。

※限定色のため、なくなり次第販売終了となります。



© 2020. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram