• PAC FABRIC DYE

2020年流行色 ブルーカラーのタイダイ



2020年の流行色は「Classic Blue」ということなので、今回はPAC FABRIC DYEのブルー系カラーを使ってタイダイTシャツを作ってみました。

冬なので季節外れな感じもしますが、染め方をご紹介します。


用意するもの

PAC FABRIC DYE タイダイスターターキット

単品染料5g×1個

タイダイ用のボトル×1個

・容器(バケツなど)

・ワイヤーネット

・衣類用洗剤

綿100%の白Tシャツ

*タイダイキットには、染料3色、固着剤、お塩、色止め剤、ボトル、使い捨てゴム手袋、ビニール袋、輪ゴムが入っています。

*公式オンラインショップでタイダイキットをご注文の場合、好きな色3色を選ぶことができます。今回はCALM BLUETURQUOISE BLUENAVY BLUEを選びました。プラス単品染料でVINTAGE BLUEも用意しました。


染色の前に

Tシャツは予め洗濯し、脱水して濡れた状態にしておきます。



染め方

1、Tシャツを縛ります。

今回は右下を中心にしてシワをよせ、渦のように巻きました。

↓右下から渦のように巻いていきます。


輪ゴムで固定します。


2、固着液に浸けます。

容器に固着剤とお塩を入れ40〜50℃くらいのお湯で溶かします。

縛ったTシャツを15分間浸けます。中まで液が染み込むようにTシャツを揉むようにして浸けます。

今回は固着剤16g、お塩100g、お湯1L使用しました。

注意)固着液はアルカリ性です。取り扱いの際は必ずゴム手袋を装着し、素手で触らないようにご注意ください。


3、固着剤に浸けている時間を利用して染料を溶かします。

袋に入っている粉末の染料を必要な分だけボトルに入れ、40〜50℃のお湯を注ぎ、ボトルを振って染料を溶かします。

今回は各色とも染料1gを100mlのお湯の溶かしました。

液漏れを防ぐために、必ず中栓をしてボトルを振ってください。

この分量でTシャツ3、4枚がタイダイで染まります。


4、容器の上にワイヤーネットを置き、固着液に浸けていたTシャツをぎゅっと絞ってから乗せます。


5、染料を塗っていきます。輪ゴムの位置を目安にして4色塗ります。

生地が重なっているところは染料が入りにくいので、生地をめくるようにして染料を奥まで塗ると良いです。



裏面も同じように塗ります。


6、ビニール袋に入れて24時間置いておきます。


7、すすぎます。

最初は流水ですすぎ、色があまり出なくなったら、輪ゴムを外して中性洗剤を入れて全体をすすぎます。



8、色止めします。

容器に40〜50℃のお湯を約1.5L入れ、色止め剤 約7ml溶かします。

ときどき混ぜながら15分間浸けます。

その後、お水が透明になるまですすぎ、脱水して乾かします。


9、右裾を中心にした放射状に柄ができました。

ブルー系で統一したので爽やかな印象です。


↓裏面です。



NAVY BLUEとVINTAGE BLUEの違いがわかりづらいですが、

青みが強い方がNAVY BLUE。くすみがあり、ちょっと緑みのあるグレーっぽいのがVINTAGE BLUEです。


ぜひ参考にしてみてください。



使用した商品

PAC FABRIC DYE タイダイ スターター キット

画像をクリックすると購入ページへ移動します。



© 2020. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram