© 2019. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram
Please reload

PICK UP

タイダイキットでタイダイハーフパンツ

May 25, 2017

 

今回は男性の方にオススメの染色をご紹介します。

タイダイスターターキットを使ったハーフパンツのタイダイ染めです!

 

タイダイスターターキットを公式オンラインショップで注文すると、15色の中から好きな3色が選べます。

今回はあまり派手すぎない感じにしたかったので「CALM BLUE」「CITY GRAY」「GRAPE PURPLE」を選びました。

 

 

染めるのは白のハーフパンツです。素材は綿100%で、スウェット生地です。

染める前にどんな風にしたいのか、考えておきましょう。

 

 

用意するもの

タイダイスターターキット

・容器(バケツなど)×2個

・ワイヤーネット(あると便利)

・衣類用洗剤

*タイダイキットには、染料、固着剤、お塩、色止め剤、ボトル、使い捨てゴム手袋、ビニール袋、輪ゴムが入っています。

 

染色手順

⑴ハーフパンツを洗います。

新品のものでも必ず洗ってください。

洗ったあとは脱水して濡れた状態のままにしておきます。

 

⑵濡れた状態のハーフパンツをキレイな場所に広げ、裾の方からジャバラにシワを寄せていきます。

輪ゴムで固定します。

 

 

 

 

 

 

⑶固着液に浸けます。

容器に固着剤とお塩を入れ40〜50℃くらいのお湯で溶かします。

濡れた状態のハーフパンツを15分間浸けます。

今回は固着剤25g、お塩150g、お湯1.5L使用しました。(1袋の半量です)

 

ハーフパンツを押したり、揉んだりして、中まで溶液を染み込ませてください。

※必ずゴム手袋を装着してください。

 

 

⑷固着剤に浸けている時間を利用して染料を溶かします。

袋に入っている粉末の染料を必要な分だけボトルに入れ、40〜50℃のお湯を注ぎ、ボトルを振って染料を溶かします。

今回は各色とも染料1gを100mlのお湯の溶かしました。(タイダイキットの染料は1袋2g入りです)

液漏れを防ぐために、必ず中栓をしてボトルを振ってください。

 

 

⑸バケツなどの容器の上にワイヤーネットを置きます。

固着液に浸けていたハーフパンツを絞ってから取り出し、ワイヤーネットの上に乗せます。

 

⑹溶かした染料液をボトルから垂らして塗っていきます。

染料液が飛び跳ねないようにご注意ください。

縛った輪ゴムを目印にして、3色を配色しました。

 

裏面も同じように塗ります。

白(元の生地の色)を多く残した時は、表面だけに染料液を塗ります。

白(元の生地の色)をあまり残さずに染めたい場合は、重なっている生地を指で広げ、中の方まで染料液を塗ってください。

 

余分な染料はワイヤーネットの下に落ちるので、色が混ざるのを防ぐことができます。

 

⑺ビニール袋に入れて24時間置いておきます。

置く時間が短いと、淡い仕上がりになります。

 

⑻お水ですすぎます。

最初は流水ですすぎ、色があまり出なくなったら、輪ゴムを外し、中性洗剤を入れて全体をすすぎます。

 

 

 

⑼色止めします。

容器に40〜50℃のお湯を約3〜4L入れ、色止め剤 約18ml溶かします。

ハーフパンツを浸け、ときどき混ぜながら15分間浸けます。

その後、お水が透明になるまですすぎ、乾かします。

 

⑽完成です!

 

こちらは裏面です。

 

縫製糸はポリエステル製のため、染まりませんでした。

 

絞り方や使う色を変えれば、全くイメージの違う仕上がりになります。

ビーチや夏フェスファッションにいかがでしょうか?

 

 

使用した商品

PAC FABRIC DYE タイダイ スターター キット

画像をクリックすると購入ページへ移動します。

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload