© 2019. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram
Please reload

PICK UP

スプレー染めでチェック柄エコバッグ

November 1, 2019

 

今回は秋らしい配色でエコバッグを染めてみました。

マスキングテープとスプレーボトルを使ってチェック柄を作りました。

 

 

用意するもの

・PAC FABRIC DYE×1パック

 (染料・固着剤・色止め剤が入っています)

・PAC FABRIC DYE単品染料×1色

・塩

・スプレーボトル

・マスキングテープ

・新聞紙

・ラップ

・衣類用洗剤

*今回は綿100%のエコバッグを染めます。

 染める生地はフラットなものが適しています。凹凸や毛足が長い生地は滲みやすいので不向きです。

*今回はMUSTARD YELLOWSOIL BROWNを使いました。

 

 

染め方

1、エコバッグをお湯で洗い、ノリを落とします。

洗った後は乾かして、アイロンをあててシワのない状態にしておきます。

 

2、染色液を作ります。染料0.5g、固着剤0.8g、塩5gを50mlのお湯で溶かします。

スプレーボトルに入れます。

 

3、マスキングテープを縦に貼ります。4cm間隔で貼りました。

 

4、エコバッグの中には裏に染みないように下敷き(いらない紙やビニール)を入れます。

 

5、試し吹きをしてから、エコバッグにスプレーします。

最初はMUSTARD YELLOWです。

 

 

マスキングテープの上についた染色液は雑巾やティッシュペーパーで拭きます。

 

6、マスキングテープをゆっくり剥がします。

 

乾くまで待ちます。

 

7、表面が乾いたら今度は横方向にマスキングテープを貼ります。

※必ず乾いてからマスキングテープを貼ってください。乾いていないと滲みがでます。

 

8、同じようにSOIL BROWNの染色液をスプレーします。

 

マスキングテープを剥がしました。

 

ちょっと滲みが出てしまいました…。

 

*裏面も同じ柄にしたい場合は同じ工程を繰り返します。

 

 

9、汚れが付かないようにラップで保護して1日置いておきます。

 

10、表面を流水ですすぎ、定着しなかった色を落とします。

色があまり出なくなったら中性洗剤を入れて全体をすすぎます。(1〜2回でOK)

 

11、色止めします。

40〜50℃のお湯に色止め剤を溶かし、すすいだエコバッグを15分間浸けます。

 

12、脱水、陰干しし、アイロンをかけたら完成です。

少し滲みが出ましたが、手作り感のあるチェック柄ができました。

すすぐと色が若干薄くなりました。

 

秋らしい配色でとても可愛いです。

 

持ち手の部分も染めました。

 

アイデア次第で色々な染め方ができるのがPAC FABRIC DYEの特徴です。

参考にしてみてください。

 

 

使用した染料

PAC FABRIC DYE col.05 MUSTARD YELLOW(マスタードイエロー)

PAC FABRIC DYE col.06 SOIL BROWN(ソイルブラウン)

画像をクリックすると購入ページへ移動します。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload