© 2019. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram
Please reload

PICK UP

淡いトーンに染める方法

October 17, 2017

 

 

見本の色より淡いトーンに染めたいときはどうするの?という疑問にお答えします。

 

絵の具の場合、淡いトーンにしたい時は「白」を混ぜますよね?

しかし染料には白がありません!

 

染色で淡く染めたい時は染料の量を少なくします。

染料の量を減らせば減らすほど、色は淡くなっていきます。

 

 

では実際に染料の量を減らして染めてみましょう。

 

 

[条件]

PAC FABRIC DYE1パックで250gまでの繊維が染まります。

繊維250gに対して1パックで染めたものを100%の濃度とします。

染料の量を半分にしたものを50%、染料の量を1/10にしたものを10%と表記しています。

※固着剤とお塩も染料の量と比例して減らします。

※染色の際のお湯の量は減らさないでください。

(染色したのは綿100%の白いTシャツの生地です。)

 

 

[結果]

PAC FABRIC DYE col.06 SOIL BROWN(ソイルブラウン)

左)10%  中央)50%  右)100%

 10%の濃度で染めるとベージュのような色になりました。

ややピンクの色味が強く出ているように感じます。

50%の濃度は柔らかい印象のブラウンになりました。

 

 

 

PAC FABRIC DYE col,10 CITY GRAY(シティグレー)

左)10%  中央)50%  右)100%

グレーの色の濃さは好みが出ますよね。

10%の濃度はまさにライトグレーです。

あまり濃すぎないグレーにしたい場合は50%の濃度もオススメです。

とても良い色ですよ。

 

 

 

PAC FABRIC DYE col.07 HOT PINK(ホットピンク)

左)10%  中央)50%  右)100%

 ピンクは淡いトーンほど可愛らしい印象です。

100%の濃度だと派手すぎる…という方は好みに合わせて調節してみてくださいね。

 

 

注)染める繊維の種類や性質、染まりやすさ等によって染め上がりの色は異なります。

  上記の染色サンプルは目安としてお考え下さい。

 

 

 

使用した染料

画像をクリックすると購入ページへ移動します。

PAC FABRIC DYE col.06 SOIL BROWN(ソイルブラウン)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAC FABRIC DYE col.10 CITY GRAY(シティグレー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAC FABRIC DYE col.07 HOT PINK(ホットピンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload