© 2019. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram
Please reload

PICK UP

混色の実験

September 2, 2017

 

お問い合わせの多い「混色」についてご紹介します。

 

PAC FABRIC DYEの染料は混ぜることはできますか?

というご質問をよくいただきますが、

もちろん混ぜて使用することができます!

 

粉末の状態で混ぜることもできますし、お湯に溶かした状態で混ぜてもOKです。

 

色の混ぜ方は絵の具を混ぜるときとほとんど同じ感覚です。

例えば、赤+青→紫 、 黄色+青→緑 となります。

ただし、染料には「白」がありませんので、淡い色にしたい場合は染料の量を減らして染めます。

 

 

染料を混ぜるとどんな感じになるのか、実験してみたので、いくつかご紹介します!

 

 

一番お問い合わせが多いのが、ネイビーブルーとブラックの混色です。

黒に近い濃いネイビブルーにしたいという方が多くいらっしゃいます。

col.11 NAVY BLUEcol.12 BACK TO BLACKを1:1の割合で混ぜました。

まさにネイビーにブラックが混ざった感じの色です。

色味がややくすんだ感じになって、デニムのような雰囲気の色ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

比較してみました。

左)NAVY BLUE  右)NAVY BLUE + BACK TO BLACK

ネイビーブルー単色の方が青みが強いです。

 

 

 

続いて、鮮やかな色+グレーはどうでしょうか?

col.01 ALERT REDcol.10 CITY GRAYを1:1の割合で混ぜました。

赤茶色のような色になりました。

グレーの割合を減らせば、もっと赤みが残ると思われます。

鮮やかすぎる色をちょっと暗くしたい時に役に立ちそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にグリーン系の色を作るための混色です。

col.02 CALM BLUEcol.09 YOLK YELLOWを1:1の割合で混ぜました。

優しいグリーンになりました。

PAC FABRIC DYEにあるグリーン系の色はFOREST GREEN(暗いグリーン)とMONSTER GREEN(黄緑)です。

暗いグリーンと明るいグリーンしかないので、中間のグリーンが欲しい場合は混色してみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

染料の混色は想像通りの色になる場合もありますし、思いがけない色になることもあります。

思いがけない良い色になるととても嬉しいですよ。

 

ぜひお試しくださいね!

 

*染色した生地は綿100%の白いTシャツです。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload