© 2019. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram
Please reload

PICK UP

ICE DYE バッグ

July 19, 2017

 

前回、基本の染め方をご紹介した「ICE DYE」(アイスダイ)

氷を使って染める新しい染色方法で、夏でも涼しく染色できます!

 

今回は綿の白いバッグを染めてみました。

 

 

用意するもの

・PAC FABRIC DYE × 1パック

・単品の染料 × 数色

・塩

・容器(バケツ、ボウルなど)× 2個

・ワイヤーネット

・氷

・ゴム手袋

・衣類用洗剤

・スプーン

・小さな容器 × 使う色数分

・輪ゴム

*今回は「CALM BLUE」「YOLK YELLOW」「TEAL」(限定色)を使用しました。

 

染色前のバッグです。綿100%で、薄い生地です。

 

 

染色手順

⑴バッグを洗います。

新品のものでも必ず洗剤を入れて洗ってください。

ノリが残っていると染料が入りづらくなり、染め上がりが淡くなります。

洗ったあとは脱水して濡れた状態のままにしておきます。

 

⑵今回は輪ゴムで数カ所、ゆるく縛ってみました。

 

⑶固着液に浸けます。

容器に固着剤とお塩を入れ40〜50℃くらいのお湯で溶かします。

濡れた状態の生地を15分間浸けます。

今回は固着剤8g、お塩50gをお湯500mlで溶かしました。

*固着液が足らない場合は、同じ割合になるように比例して増やしてください。

*固着剤はPAC FABRIC DYEの染色キットに含まれています。塩は別途ご用意ください。

 

⑷バケツなどの容器の上にワイヤーネットを置きます。

固着液に浸けていたバッグを絞ってから取り出し、ワイヤーネットの上に乗せます。

 

⑸生地の上に氷を乗せます。

生地が見えなくなるまで乗せてください。

今回は家庭の冷蔵庫の製氷機で作った氷を使用しました。

 

⑹氷の上に粉末状の染料を少しずつ振りかけていきます。

染料はとても細かい粉末です。吸い込んだり、目に入らないように十分注意して作業してください。

心配な場合はマスクと保護メガネを装着してください。

*作業中に扇風機などを使用すると風で染料が飛散しますので、注意してください。

 

染料の袋から直接振りかけてもOKです。

今回は左をCALM BLUE、中央をYOLK YELLOW、右をTEALと、色を分けて配色しました。

 

⑺染料を振りかけたら、氷が溶けるまで待ちます。

氷が溶けていくところがとってもキレイです!

 

氷が徐々に溶けて、下に水分が落ちていきます。

 ↓

 ↓

 ↓

3時間で氷が溶けました。

※氷が早く溶けきってしまっても生地に染料を定着させるため、3時間はすすがずに、そのままにしておいてください。

 

 

⑻洗剤を入れてお水ですすぎます。

念入りにすすぐ必要はありません。すすぐお水が透き通るくらいまで数回すすいでください。

 

⑼色止めをします。

40〜50℃のお湯をバケツに入れ、色止め剤を溶かします。

(今回はお湯約1L、色止め剤約4ml使用)

*色止め剤はPAC FABRIC DYEの染色キットに含まれています。

すすいだ生地を絞ってから、色止め液に浸け、15分間ときどき混ぜながら浸け置きします。

その後、再度お水ですすぎ、脱水して陰干しします。

 

⑽完成です!

 

生地が薄いので、裏面までよく染まりました。

 

 

ゆるく輪ゴムで縛っていた箇所は、うっすらと模様になりました。

 

夏のお出かけにぴったりの素敵なバッグが出来上がります!

ぜひお試しくださいね!

 

 

使用した商品

PAC FABRIC DYE co.02 CALM BLUE(カームブルー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単品染料5g

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload