© 2019. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram
Please reload

PICK UP

染めた紙をワックスペーパーにアレンジ2

November 21, 2017

 

前回に引き続き、染めた紙でワックスペーパーを作る方法をご紹介します。

前回は、染料を筆で塗って、柄や模様を描きましたが、

今回は違った方法を2種類ご紹介します。

 

用意するもの

PAC FABRIC DYE 単品染料

・紙(クラフト紙、コピー用紙、和紙など)

・筆

・絵皿

・クッキングシート

・ロウソク

・カッター

・アイロン

・スプーン

※紙は薄い紙が適しています。厚紙や光沢のある紙は不向きです。

※クラフト紙、クッキングシート、ロウソクなどは100均で手に入ります。

 

[方法1、ぼかして染める]

水を使って、ぼかしながら色を付けていきます。

 

作り方

1、絵皿に染料を少量入れ、お湯(水でも可)でよく溶かします。

今回は0.1gの染料を小さじ2杯のお水で溶かしました。

CALM BLUEHOT PINKGRAPE PURPLEを使用しました。

 

粉が全て溶けるように、しっかりと混ぜてください。

 

2、紙に溶かした染料を塗ります。

 

染料を塗ったところの上から水を垂らします。

水を垂らすと色がぼやけます。

 

3色使って自由に配色します。

 

全体に色を付けたら、乾かします。

 

左が普通紙(コピー用紙)、右が和紙です。

和紙の方がぼかしがキレイに表現できます。

 

紙をカットしてスタンプを押してもかわいいです。

スタンプを押すときはロウ引きする前に押してください。

 

 

[方法2、粉のまま振りかける]

染料を水に溶かさず、粉の状態で紙に振りかけます。

 

作り方

1、筆を使って和紙全体に水を塗ります。

 

染料を粉の状態でごく少量ずつ振りかけます。

染料の袋から直接振りかけるとたくさん出てしまうので、スプーンを使って少量ずつ振りかけてください。

※服や床に飛ばないように注意してください。

※吸い込まないように注意してください。

 

染料が点々の柄になります。

(注意点:色によっては染料の色と違った点が出る場合があります。

 例えばパープルの場合、ブルーとピンクの点が出ます)

 

 

ワックスペーパーにする方法

1、ロウソクをカッターで細かくします。

 

2、クッキングシートを染めた紙の大きさの2倍以上の長さでカットします。

2つ折りにして、染めた紙を挟みます。

クッキングシートが小さいと溶けたロウがアイロン台に付いてしまうので、大きめにカットしてください。

 

3、細かくしたロウを染めた紙の上に散りばめます。

A4サイズの紙に対して、細かくしたロウ小さじ2杯くらいが目安です。

 

4、クッキングシートをかぶせます。

 

5、アイロン(低温)をあてて、ロウを溶かし、溶けたロウを広げていきます。

 

ロウが足らない場合はクッキングシートをめくって、ロウを足してください。

ロウを浸透させるのは片面だけで大丈夫です。

 

6、クッキングシートを広げて、ロウを乾かします。(1分くらいで乾きます)

乾いたら完成です!

 

透明感が出てキレイです。

 

スタンプを押したものは穴を開けて、紐を通しました。

プレゼントの時に使えそうです。

 

染料を振りかけて染めた紙はこんな感じになりました。

 

ラッピングに使うと可愛いです。

 

クリスマスは年末は、パーティーをしたりプレゼントを贈る機会が増えるので

ハンドメイドのラッピングに役立ててくださいね。

 

 

使用した商品

PAC FABRIC DYE 単品の染料(5g)

(画像をクリックすると購入ページに移動します)

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload