© 2019. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram
Please reload

PICK UP

DIP DYE リボン

December 6, 2017

 

もうすぐクリスマスですね!

 

プレゼントを贈る機会が増える季節。

ラッピングに使える染色アイデアをご紹介します。

 

綿の布を細長くカットして、2色でDIP DYE(ディップダイ=ちょっと浸して染める方法)をしてみたいと思います。

綿の布は手芸店などで安く手にはいるシーチングでOKです。

もし手に入らないようであれば、いらないシーツや枕カバーをカットして使うこともできますよ!

 

 

用意するもの

・PAC FABRIC DYE × 1パック(染料・固着剤・色止め剤入り)

・PAC FABRIC DYE 単品染料5g × 数色

・塩  約2.4g×色数分

・綿100%の布

・裁ちばさみ

・小さい容器 × 数個

・平たい容器 × 1個

・スプーン

・ゴム手袋

 

作り方

1、綿の布を細長くカットします。

好きな幅(今回は4cm)に切れ目を入れ、手で裂くようにすると、真っ直ぐにカットすることができます。

※生地の織り方によっては裂けない場合もあります。

 

 

 

2、カットした布を丸めます。

 

 

3、染色液を作ります。

今回は少ししか使わないので、各色50mlの染色液を作りました。

50mlの染色液を作るには…染料 耳かき1杯、固着剤 0.4g、塩 2,4gを50mlのお湯で溶かします。

 

溶け残りのないようにしっかり混ぜてください。

 

4、溶かした染色液を平たい容器にスプーンで垂らします。

容器はプラスチック製やガラスなど、水を弾く素材のものをご用意ください。

 

 

5、丸めた布(乾いている状態)に染色液を吸わせます。

 

一瞬で染色液を吸い上げます。

 

もう片面に違う色の染色液を吸わせます。

 

6、この状態で約3時間くらい置いておきます。

 

7、すすぎます。

洗剤を入れて軽くすすぎます。

 

8、色止めします。

容器に40〜50℃のお湯をリボンが浸かるくらいの量入れ、色止め剤を溶かします。

すすいだリボンを15分間浸けます。

色止め剤は繊維250gに対してボトル1本(15ml)使います。

今回のリボンは全部で30gだったので、約2ml使用しました。

 

9、再度すすいで乾かしたらリボンの完成です!

カラフルなリボンが出来上がりました!

 

染色液の浸け方によって模様も様々で面白いです。

(↑MUSTARD YELLOW×MONSTER GREENは染料の量を減らして、淡く染めています)

 

 

プレゼントのラッピングに使うと存在感があって素敵です!

お部屋の飾りつけに使うこともできそうですね。

 

今回染めたやり方は染め上がりが少し淡くなります。

もっと濃く染めたい!という場合はタイダイ染めの方法を応用して染めると、濃く染まります。

染め方はこちらを参考にしてみてください→タイダイテクニック Part.3

 

 

使用した染料

PAC FABRIC DYE col.07 HOT PINK

PAC FABRIC DYE 単品の染料(5g)

(画像をクリックすると購入ページに移動します)

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload