© 2019. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram
Please reload

PICK UP

100均バンダナを秋らしくカラーチェンジ

September 27, 2019

 

もうすぐ9月も終わりですね。

朝晩は肌寒くなってきて、秋を感じます。

 

今回は秋らしいアイテムを染色したいと思い、100円ショップでバンダナを購入しました。

しかし、鮮やかなブルーしか在庫がありませんでした…

なんとか秋を感じるカラーにチェンジさせたいと思います。

 

バンダナの色がブルーなので、オレンジで染めるとブラウン系の色になるはずです。

今回はPAC FABRIC DYE col.14 POPPY ORANGEを使いたいと思います。

 

 

用意するもの

・PAC FABRIC DYE×1パック(10分の1使用)

・塩×30g

・容器(バケツなど)

・泡立て器

・ゴム手袋

・衣類用洗剤

 

染色するのは綿100%のバンダナです。

100均にはポリエステル100%のバンダナも売られていますが、ポリエステルは染まりません。

必ず綿100%のものであることを確認してご用意ください。

 

染色の前に

洗濯します。

洗った後は濡れた状態のままにしておきます。

新品のものでも必ず洗ってください。

漂白剤や柔軟剤は使用しないでください。

 

 

染料等の量について

今回染めるバンダナは約25gです。

PAC FABRIC DYE1パックで250gまでの繊維が染まりますので、今回は1パックの10分の1を使う計算になります。

染料0.5g、固着剤5g、塩30gで染色します。色止め剤は1.5mlです。

染料、固着剤、色止め剤は染色キットの中に含まれています。

 

 

染色手順

1、容器に染料・固着剤・塩を計量して入れ、約600mlのお湯(40〜50℃)で溶かします。

染料は溶け残りのないように、しっかり混ぜてください。泡立て器で溶かすと溶けやすいです。

(今回は染めるのもが小さいので、染料・固着剤・塩をまとめて溶かしました。)

 

 

2、濡れた状態のバンダナを浸けます。

 

時々まぜながら1時間浸けます。

水面に生地が出ているとムラになりますので、こまめに混ぜてください。

徐々に色が入っていきます。

 

3、余分な染料をすすぎます。染料液を捨てて、キレイなお水(またはぬるま湯)で洗剤を入れてすすぎます。

すすぐお水が透き通るくらいまですすいでください。

 

4、色止めします。

容器に40〜50℃のお湯を入れ、色止め剤(1本の10分の1)を溶かします。

すすいだバンダナを浸けます。15分間、時々混ぜながら浸けます。

 

5、再度お水ですすぎ、脱水、乾燥させたら完成です。

少し色ムラが出てしまいましたが…カーキっぽい色に変身しました。

元の色が白だったところはオレンジに染まり、カーキ×オレンジの配色になっています。

 

染色前と比べると夏→秋に変化した感じがします。

染色したことで垢抜けた印象になりました。

 

シャツに合わせて巻いてみました。

一気におしゃれさが増しますね。

 

↓後ろ

 

首元に巻いたり、カバンに巻いたりしてもいいと思います。

100均アイテムですが、色々使えて、バンダナって結構便利かも!と再確認しました。

 

元の生地の色と染料の色が混ざった色に染まって、思いがけない色に仕上がるのもワクワクして楽しいですよ。

派手な色の服のカラーチェンジもできますので、衣替えの際などに是非染色してみてください。

 

 

 

使用した染料

PAC FABRIC DYE col.14 POPPY ORANGE(ポピーオレンジ)

画像をクリックすると購入ページへ移動します。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload