© 2019. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram
Please reload

PICK UP

ALERT REDで染め替え

March 15, 2018

 

3月とは思えない暖かい日が続いていますね。

今回はこれから着る機会が増える春物の洋服を染色しました。

 

 

染めるのは昨年購入した白のリブカットソーです。

今のところキレイですが、このまま着用していると、黄ばみやくすみが出て来そうなので、染めることにしました。

 

選んだ色はcol.01 ALERT RED(アラートレッド)です。

警報器をイメージした、とても鮮やかな「赤」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

染色前に素材を確認

カットソーの素材は綿97%、ポリウレタン3%です。

ポリウレタンは染まらない繊維ですが、おそらく繊維の中に織り込まれているので、染色には影響はないかと予想されます。

 

染料の量は?

染色の前に乾いた状態で重さを量りましょう。

190gでした。

 

 

PAC FABRIC DYEの染色キットは1パックで250gまでの繊維が染まります。

今回は190gだったので、1パック全て使っても構いませんし、重さに準じた分量に減らしてもどちらでも構いません。(1パック使った方が濃い染め上がりになります)

 

減らす場合は…(190÷250=0.76なので、各分量に0.76を掛け算します)

染料(5g入りの場合):3.8g

固着剤:38g

塩:228g

色止め剤:11.4ml

お湯:4.940L

となります。

 

 

用意するもの

・PAC FABRIC DYE (染料・固着剤・色止め剤入り)

・お塩

・容器(バケツなど)

・ボウル(染料を溶かす用)

・泡立て器

・ゴム手袋

・衣類用洗剤

 

染色の前に

洗って汚れを落とし、濡れた状態のままにしておきます。

新品のものでも必ず洗ってください。

漂白剤や柔軟剤は使用しないでください。

 

染色手順

⑴染料を溶かします。

染料をボウルに入れ、40〜50℃のお湯で溶かします。(今回は染料3.8g、お湯380ml使用)

染料は粉末です。飛び散らないようにご注意ください。

染料は溶け残りのないように、しっかり混ぜてください。泡立て器で溶かすと溶けやすいです。

 

⑵固着剤とお塩を溶かします。

容器に40〜50℃のお湯を入れ、固着剤とお塩を溶かします。

(今回は固着剤38g、塩228gをお湯4.56Lで溶かしました。)

 

⑶溶かした染料を混ぜます。

 

⑷濡れた状態のカットソーを浸け、よく混ぜます。

 

 

⑸時々混ぜながら1時間浸けます。(加熱不要です。)

放置すると色ムラが出てしまうので、こまめに混ぜてください。

お洋服の素材によっては、何度沈めても浮いて来てしまうものがありますが、その際はこまめに混ぜて、水面に出ている時間が短くなるようにしてください。

 

⑹余分な染料をすすぎます。

染料液を捨てて、キレイなお水(またはぬるま湯)で洗剤を入れてすすぎます。

すすぐお水が透き通るくらいまですすいでください。

 

すすぐお水が透き通るくらいが目安です。すすぎすぎ注意。

 

⑺色止めします。

容器に40〜50℃のお湯を入れ、色止め剤(今回は11.4ml)を溶かします。(お湯の量は染色した時と同じ量です)

すすいだカットソーを絞ってから浸けます。15分間、時々混ぜながら浸けます。

 

⑻お水が透明になるまですすぎます。

脱水、陰干ししたら完成です。

とっても赤く染まりました!

 

 

白も色々なコーディネートに合わせやすいですが、赤も差し色になって、気分も明るくなります!

デニムとの相性も良いです◎

 

 

 

注意

縫製糸はポリエステル製のため染まりませんでした。

元が白だと、濃い色に染めるほど目立ってしまいますね。

↓染色前

 

↓染色後

 

とても鮮やかでキレイな赤です。

ぜひ一度お試しください!

 

 

使用した染料

PAC FABRIC DYE col.01 ALERT RED(アラートレッド)

画像をクリックすると購入ページへ移動します。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload