© 2019. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram
Please reload

PICK UP

ムラ染めエコバッグ

December 12, 2016

 

染色に挑戦してみたいけど、ムラなくキレイに染める自信がない方!

ムラを生かしたムラ染めに挑戦してみませんか?

輪ゴムで縛って、浸けるだけなので、とても簡単にできますよ。

 

今回は染まりやすい綿100%のエコバッグをムラ染めする方法をご紹介します。

使っているエコバッグが汚れてきてしまった時も、ムラ染めにすれば、汚れが目立たなくなります。

 

 

用意するもの

・PAC FABRIC DYE × 1パック

・お塩

・容器(ボウルなど)

・泡立て器(染料を溶かす際に使用)

・ゴム手袋

・衣類用洗剤

・輪ゴム

※オンラインショップで販売中の「エコバッグ(大)を染色しました。

 

 

染料の量の目安

丸めたエコバッグが浸かるくらいの染色液があれば良いです。

今回は染料0.4g、固着剤4g、塩25gを500mlのお湯で溶かしました。

色止め剤は2.5mlくらい使用しました。

 

 

染色手順

⑴エコバッグを洗い、ノリを落としておきます。

濡れた状態で広げ、端からシワをよせていきます。

 

⑵輪ゴムで固定します。

 

⑶染料液を作ります。

染料・固着剤・塩を計量してボウルに入れ、40〜50℃のお湯500mlで溶かします。

 

 

⑷エコバッグを浸けます。

 

 ⑸時々ひっくり返しながら、1時間浸けます。

ムラ染めなので、念入りに混ぜる必要はありません。

 

⑹最初は輪ゴムを付けたまま流水ですすぎ、その後輪ゴムを外してすすぎます。

洗剤を入れ、すすぐお水が透き通るくらいまですすいでください。

 

⑺色止めします。

新たに40〜50℃のお湯をボウルに入れ、色止め剤を溶かします。

時々混ぜながら15分間浸けます。

その後、お水が透明になるまですすぎ、脱水して陰干しします。

 

⑻出来上がりです。

 

外側になっていたところは染料液に触れていたので濃くなり、

縛った時に内側になっていたところはあまり染まらずに薄い色になります。

 

ワンポイント

輪ゴムの縛る強さで柄が変わります。

↓輪ゴムできつく縛った場合:白(元の色)が多く残ります。

 

↓輪ゴムでゆるく縛った場合:濃淡の差が少ない仕上がりになります。

 

お好みで縛る強さを変えてみてくださいね。

 

 

使用した染料

PAC FABRIC DYE col.07 HOT PINK(ホットピンク)

画像をクリックすると購入ページへ移動します。

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload