© 2019. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram
Please reload

PICK UP

派手なシャツをトーンダウン

December 5, 2016

 

昔買った派手な色や柄のお洋服、もう着ないからと言って捨てたことはありませんか?

派手なお洋服は暗い色の染料で染めれば、落ち着いた色にすることができます。

「暗い色ならまた着られるのに」と思うお洋服があったら、染めてみませんか?

 

 

今回はこちらの派手な色のチェックシャツを染めてみたいと思います。

素材は綿100%です。

全体的に少し暗い色にトーンダウンさせたいので、PAC FABRIC DYE col.10 CITY GRAY(シティグレー)を使って染めます。

 

 

 

用意するもの 

・PAC FABRIC DYE × 1パック

・お塩 × 300g

・容器(バケツなど)

・ボウル(染料を溶かす用)

・泡立て器

・ゴム手袋

・衣類用洗剤

 

 

染料の量の目安

乾いた状態で染めるものの重さを量ってください。

PAC FABRIC DYE1パックで250gまでの繊維が染まります。

今回染めるシャツは227gだったので1パック使います。

 

 

 

染色の前に

シャツは洗って、汚れを落とし、濡れた状態のままにしておきます。

漂白剤や柔軟剤は使用しないでください。

ボタンは開けて染色します。閉じたままだとボタンの周囲に色ムラが出る場合があります。

 

 

染色手順

⑴染料を溶かします。

キットに入っている染料1袋をボウルに入れ、40〜50℃のお湯500mlで溶かします。

染料は溶け残りのないように、しっかり混ぜてください。泡立て器で溶かすと溶けやすいです。

 

⑵固着剤とお塩を溶かします。

容器に40〜50℃のお湯6Lを入れ、キットに入っている固着剤1袋とお塩300g(別途用意する)を溶かします。

 

⑶溶かした染料を混ぜます。

 

⑷濡れた状態のシャツを浸けます。

 

⑸時々混ぜながら1時間浸けます。(加熱不要です。)

放置すると色ムラが出てしまうので、こまめに混ぜてください。

両手にゴム手袋をはめて、シャツの肩のあたりを持ち上げる→浸けるを繰り返すようにして混ぜると均一に混ぜることができます。

 

⑹すすぎます。

染料液を捨てて、キレイなお水(またはぬるま湯)で洗剤を入れてすすぎます。

すすぐお水が透き通るくらいまですすいでください。

 

⑺色止めします。

容器に40〜50℃のお湯6Lを入れ、キットに入ってる色止め剤を溶かします。

すすいだシャツを絞ってから浸けます。15分間、時々混ぜながら浸けます。

その後、お水が透明になるまですすぎ、脱水して陰干ししたら出来上がりです。

 

⑻全体にグレーの色が入ったので、落ち着いた印象になりました。

良い感じにトーンダウンできました!

 

 

柄はそのままで、全体的に色が暗くなっています。

 

 

 

使用した染料

PAC FABRIC DYE col.10 CITY GRAY(シティグレー)

画像をクリックすると購入ページへ移動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload