© 2019. THREE DYEING CO., LTD.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram
Please reload

PICK UP

板締め絞りでチェック柄

November 8, 2016

寒くなってきましたね。

今回は「自分で染めたんだ」とつい自慢したくなるような、板締め絞りのハンカチの染め方をご紹介します。

 

板締め絞り(いたじめしぼり)とは

生地を折りたたみ、木の板で挟んで染める染色方法です。

挟まれているところは染料液が入らないので、規則的な模様を作ることができます。

 

今回は細長い木の板を使い、2回染めることで、チェック柄のハンカチを作ってみたいと思います。

 

用意するもの

・PAC FABRIC DYE × 1パック

・お塩

・容器(バケツなど)

・ボウル(染料を溶かす用)

・泡立て器

・ゴム手袋

・衣類用洗剤

・木の板 × 2枚

・太い輪ゴム × 数本

・アイロン

 

 

染料の量の目安

PAC FABRIC DYE1パックで250gまでの繊維が染まります。

今回はハンカチ1枚ととても小さいものなので、下記のような分量にしました。

染料1g、固着剤10g、お塩60g、お湯1.3L、色止め剤3ml

(全て説明書に記載の量の1/5の量です)

2回染めるので、染料・固着剤・お塩・お湯は2回分必要になります。

 

染色手順

⑴ハンカチをたたみます。

たたむ時のポイントはジャバラ(びょうぶ畳み)にすることです。

ジャバラに畳むと染料が染み込みやすくなり、色ムラが防げます。

 

アイロンを使って折り畳むとキレイにできます。

 

 

⑵畳んだハンカチを木の板で挟み、太い輪ゴムでしっかり固定します。

上の板と下の板がずれないように注意してください。

 

⑶ハンカチは水で濡らしておきます。

 

⑷染料を溶かします。

染料をボウルに入れ、40〜50℃のお湯で溶かします。

溶け残りがあると斑点が出てしまうので、しっかり溶かして下さい。

泡立て器を使うと溶けやすいです。

(染料1gに対して100mlのお湯で溶かしました)

 

⑸容器に固着剤とお塩を入れ、40〜50℃のお湯で溶かします。

(固着剤10g、お塩60gに対して約1.2Lのお湯で溶かしました)

 

⑹溶かした染料を混ぜ合わせます。

 

⑺ハンカチ(濡れた状態)を浸けます。

板がずれないように、やさしく混ぜながら1時間浸けます。

布が重なっているところは染料液が染み込みにくいので、広げて(めくるような感じで)混ぜてください。

 

⑻お水ですすぎます。

最初は板をつけたまますすぎ、あまり色が出なくなったら板を外して、洗剤を入れてすすいでください。

 

 

⑼乾かしてアイロンをかけます。

一方向にラインができました。

板の形の通りに白く防染されていますね。

 

(10)同じように畳み、向きを変えて板を固定します。

 

(11)先ほどと同じように染料液を新たに作り、染めていきます。

浸ける前に必ず水で濡らしてください。

 

(12)すすぎます。

 

(13)色止めします。

容器に40〜50℃のお湯を入れ、色止め剤を溶かします。

ハンカチを時々混ぜながら、15分間浸けます。

(色止め剤3mlに対して1.3Lのお湯で溶かしました)

その後、お水ですすぎます。

 

(14)乾かしてアイロンをかけたら完成です!

キレイなチェック柄になりました。

 

2度染料液に浸かったところは濃く、1度染料液に浸かったところは薄く、一度も浸からなかったところは白のままになっています。

濃淡の差で柄を作っているんですね。

 

お弁当包みにしても可愛いです。

 

左はMUSTARD YELLOW、右はFOREST GREENです。

 

少し手間のかかる染色方法ですが、板を外してキレイに柄ができていた時はとても感動します。

ぜひ挑戦してみてください。

 

 

使用した染料

PAC FABRIC DYE col.05 MUSTARD YELLOW(マスタードイエロー)

画像をクリックすると購入ページへ移動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用したハンカチや道具も販売しています!

ハンカチ 43cm → 商品ページへ

板締め絞り用の板 → 商品ページへ

太い輪ゴム → 商品ページへ

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload